こんにちは。HIRO(ヒロ)です。

まずは自己紹介をかねて、僕がプロトレーダーとして自由な生活を手に入れ、1000人以上のトレーダーをサポートしてきた経緯なんかを書いていこうと思います。

プロトレーダーHIROとは?

公務員の親のもと、小中高と特に目立つような生徒でもなく平々凡々と学生生活を送りました。

なんとか地方の三流大学に滑り込み、大学生活はバイトに明け暮れる生活。

大学はなんとか留年せずにちゃんと(笑)4年で卒業できたのですが、まともに就職活動をしなかったため、卒業間近になってなんとか地方の建築会社にこれまた滑り込みで就職。

しかし・・・
安い給料とストレスだらけの人間関係・・・

会社の先輩は死んだような目で出社してきて、口を開けばいつも不平不満ばかり。

5年後・・・10年後は自分もこんなになってしまうのか・・・

そんなのは絶対に嫌だ!

だからといって、何か知識や技術がある訳でもなく、金や人脈がある訳でもありません。
あるのは最近買ったばかりのパソコンが1台だけ。

そこで、パソコンひとつで始められるネットビジネスで食っていけないかと考えました。

まずはネット関連の知識を身につけたいと思って、求人広告でインターネット関連の会社を探して転職しました。

しかし、その会社はとんでもない会社でした。

転職先はスーパーブラック企業

転職した会社が超超ブラックで、コンプライアンスの『コ』の字もない会社した。
法律スレスレなことをやらされながらも給料はほとんどらえず。
そして給料未払いのまま社長は姿をくらませて音信不通に・・・

自分にあるのはデスクトップパソコン1台だけ。
まったくの独学でネットビジネスを始めました。

僕がネットビジネスを始めたのは2000年ころで、そのころはまだインターネットをするのも
ピ~ヒョロロ~って普通の電話回線からネットに繋げる時代です。
もちろんスマホも無い時代ですよ(笑)

今のように情報もほとんどない中、手探りの状態で試行錯誤しながらでしたが、ネット広告のビジネスを立ち上げました。
インターネットが普及してちょうど個人のネットビジネスが盛んになり始めた時期とも重なって、半年後には月80万円程度の収入を安定的に稼げるようになりました。
法人化もして5年くらいは順風満帆そのものでした。

でもネットビジネスは変化の激しい世界です。
ネットビジネスは1年でリアルビジネス(ネット外のビジネス)の10年分くらい変化すると言われています。

僕はネットビジネスの最初の波には乗ることが出来ましたが、変化する波にうまく対応できませんでした。

少しずつ会社の業績は下がって行きました。

まだ余裕のある今のうちにネットビジネス以外の収入の柱を作らなければ・・・

そう考えた僕は、前々から興味があった「投資」を本格的にやることにしました。

僕がトレーダーという仕事を選んだ理由

僕がトレーダーという仕事を選んだのは
流行り廃りがない
ということが一番の理由です。

変化の激しいネットビジネスは、今稼げている方法でも1年後には全然稼げなる、ということも珍しくありません。
時代の流れを読み、目まぐるしく変わる変化の波に合わせていかなければなりません。

常に新しい情報を追い続け、新しい技術やトレンドを勉強し続け、全力で走り続けなればいけません。
少しでも立ち止まったらすぐに収入は無くなってしまいます。

その点、投資の場合、一度稼げるスキルを身につけてしまえば、その方法はずっと使うことができます。

そして何といっても、パソコン1台あれば世界中どこからでも稼ぐことができる圧倒的な自由さです。

僕はその圧倒的自由な生活を手に入れるため、本格的に投資を始めました。

倒産、借金、自己破産、離婚、自殺・・・

まず僕は、「日経225先物」というものをトレードしました。
普通の株(ヤフーとかソフトバンクとかの株)を買うより、儲けの幅が大きいからです。

そのころ世間は投資ブームで
100万円を1年で1億円にした
みたいな話がゴロゴロしていました。

一応ネットビジネスもそれなりに成功してきたし、何冊か本を読んで投資の基本も勉強した。
自分も勝てないはずはない・・・そんな根拠のない自信にあふれていました。

しかし現実は・・・やってもやっても負ける。。。

会社の運転資金も注ぎ込み、あっという間に600万円もの大金をなくしてしまいました。

税金が払えず銀行口座は差し押さえられました。

倒産、借金、自己破産、離婚、自殺・・・
そんなワードが頭の中をめぐっていました。

どん底からFXでの再起

600万円の損失、銀行口座差し押さえ、借金・・・
これでけ痛い目にあってもまだ、僕は投資の可能性に賭けていました。

後がなくなった僕は、会社の事業をすべて売却して、すべてのお金とすべての時間を投資に注ぎ込みました。

そして投資対象をFX1本に絞りました。

FX(エフエックス)とは外国為替証拠金取引のことです。

ニュースとかで
「1ドル100円になりました」とか「円安に」とか「円高に」とか言ってますよね。
日本や外国の「通貨」を対象に投資をするものなんです。

投資っていうのは
安く買って高くなったら売る
その差額が利益となります。

10000円で買ったものを15000円になったときに売れば5000円が利益
ということです。

なので
「これから上がりそう」
と思えば買って
「もう下がりそう」
と思えば売ります。

その、「上がりそう」「下がりそう」を判断する方法には大きく分けてふたつあります。
ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析です。

企業の業績とか社会状況とか、そういったものを分析するのがファンダメンタルズ分析です。
チャートというグラフみたいなやつを分析するのがテクニカル分析です。

僕はテクニカル分析でトレードをしていたのですが、今までやっていた株や日経225よりFXの方がテクニカル分析に適していると感じました。

毎日毎日朝から晩まで、時には朝から朝までFXのチャートの研究をしました。

ホント、死ぬほどチャートを研究しました。
でも今思えばこの時間は意外と辛くなかったです。

僕にはトレード方法を研究すること自体がすごく自分に合っていました。

そのおかげで、勝つための法則を見つけることができました。

トレード方法のシェア

FXで勝つための法則を見つけてからは、順調に勝てるようになり借金も返済して生活も安定するようになりました。

順調にFXで稼いでる僕を見て、FXで思うように勝てないと悩んでいた知り合いから
「どうやったら勝てるか教えてくれないか?」
と頼まれました。

まあ別に教えたところで僕の稼ぎが減るわけでもないですし、知り合いの頼みですので無下にもできません。
僕の手法をイチから教えてあげました。

するとその人は1ヶ月もしないうちに勝てるようになりました。

そして
「ホントにありがとう!!!」
って、すっごく感謝されました。

すっごく感謝されて僕自身もすっごく嬉しく、そして幸せな気持ちになれました。

僕には5歳の娘がいるのですが
最近よく
「なんかお手伝いしたい!」
と言ってきます。

なので、何か簡単なことをお手伝いさせてあげます。
手伝われた方が余計に時間がかかるんですけどね^^;ゞ

そして
「助かった?嬉しい?」
って聞いてきます。

「ありがとう!助かったよ!」
って言うとすごく喜びます。

人から感謝されたい
人の役に立ちたい
っていう欲求は人間が生まれつき持っているものなんですね。

僕はトレードを通じてもっと多くの人の手助けをしたいと思って、ネットで勝つための方法をシェアして、悩んでいるトレーダーをサポートするようになりました。

僕がサポートしてきた生徒さんの声です。

2007年からサポートを始めて2016年にはサポートした人は1000人を超えました。

でも、まだまだ僕のことを知らない人はたくさんいますし、僕のサポートがあればトレーダーとして成功して自由な生活を手に入れられる人がたくさんいると思います。

だから、ブログやツイッターなどを通して情報を発信しています。

僕のことを少しは分かってもらえたでしょうか^^

ブログでは書けない事や、FXで稼ぐための具体的な方法なんかをメルマガで発信していますので良かったら登録してみてください。

メルマガはこちら

 

トレード方法を教える理由

「どうしてトレード方法を教えるのか?」
「トレードで稼いでるんなら、ひとりで勝手に稼いでいればいいじゃないか!」

いままで1000人以上の人をサポートしてきた中で、そういった疑問を持った方も少なからずいました。

思った疑問を直接ぶつけてくれる人ってほんの数パーセントしかいないといいます。
(僕としては、ストレートに質問してもらえる方が助かります^^;)

っということは、実は結構な数の人がそういう疑問を抱えているのかもしれません。

なので僕のブログを見てもらう前に、まずはこのことをしっかり理解してほしいと思って書きます。

ひとことで言うと、トレードを教えることは僕にとって様々なメリットがあるからです。

トレードを教えることによって、僕が稼げなくなったり辛く苦しい思いをするようなら、そんなことはしません。

僕は苦行僧ではありません(笑)
自ら辛く苦しくなるようなことはやりません。

じゃあ、どんなメリットがあるのか?

トレード教えることによるメリット

まずひとつは、上記の「トレード方法をシェア」でも書きましたが
トレードをサポートして稼げるようになると、すごく喜ばれて感謝されます。

喜んで感謝してもらえると、人間が本来持っている
「誰かの役に立ちたい」
という欲求が満たされ、僕自身とても幸せな気持ちになれます。

そしてもうひとつは
僕自身のトレードも進化することができる
ということです。

誰かに何かを教えようと思ったら、自分自身が100%理解していないと教えることはできません。

なぜそうするのか?
なぜそう考えるのか?
ということが客観的に説明できなければいけません。

何となく
とか
分かったつもり
では、ちゃんと伝えることはできません。

自分の頭の中を整理して自分自身の考え方を客観的に見なおす、
という作業のおかげで、僕はトレーダーとして大きく成長することができました。

トレード教えることによるデメリット

じゃあデメリットは無いのか?

もし僕が教えていることが、小さな市場の中のことならデメリットはあります。

たとえば僕が松茸の生える秘密の場所を知っていて
「そこの山に松茸が生えてますよ」
と誰かに教えれば、あっという間に松茸は採りつくされ、僕にはデメリットにしかなりません。

でも、FXは世界規模の大きな市場です。
毎日500兆円というお金が動いています。

その中で我々個人トレーダーが1日数万円数十万円勝ったところで、市場全体に与える影響はほとんどゼロに等しいです。

僕がトレード方法を教えた人がトレードで勝っても、僕にはなんら影響はありません。

「お前の言うことなんて信じられねーよ」
っていう人はそれで構いません。

別に信じてもらわなくても僕は全然困らないので^^;

僕のことを信じてついて来てくれる人には、トレードで勝って稼ぎまくれるようになるまでサポートしますので、一緒にステップアップしていきましょう!

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう