FXは上がるか下がるかだけを考えれば1/2の確率です。
本来なら適当に売買をしたとしても、儲かりはしませんが大きな損をすることも無いはずです。

FXのトレードでかかるコスト(手数料)は、実質的にはスプレッド分のマイナスがあるので、1/2の確率のトレードだと長期的にはそのスプレッド分はマイナスにはなります。

しかし、短期間でスプレッド分以上の大きな損失を出す人も多く、時には数回のトレードで資金のほとんどを失うような人も少なくありません。

それはなぜでしょうか?

なぜ多くの人がFXで損をするのか?

ひと言でいうと
投資行動において、人間は本能的に損をするような行動をとってしまう
ということがあるからです。

「自分はそんなバカじゃない!」
「自分が損するようなことをするワケないじゃないか!」

っと思われるかもしれませんね。
では、次のようなケースで、あなたはどちらを選びますか?

AかBどちらかを選んでください。

A:100万円が必ずもらえる
B:コインを投げて表が出たら200万円もらえるが裏が出たら1円ももらえない。

あなたはどちらですか?

ほとんどの人がAを選びます。
200万円かゼロかというギャンブルをするより、確実に100万円をもらった方が賢いですね!

では、次の場合はどうでしょうか?

あなたは200万円の借金を抱えているものとします。
そのうえで、CかDのどちらかを選んでください。

C:必ず100万円の借金が減り、借金が残り100万円となる。
D:コインを投げて表が出たら借金がゼロになるが裏が出たら借金は減らず200万円のまま。

あなたはどちらを選びますか?

Cは100万円減ってもまだ100万円の借金が残る…
借金がゼロになるチャンスがあるDを選んだ方が賢いと思いますか?

実際に、Aを選んだ人のほとんどがDを選ぶということが実証されています。

人間は目の前に利益があれば確実に手に入れたいと考えます。
でも損失の場合は、確実に減らすことより、全部なくす可能性に掛けるという行動をとります。

つまり
利益は小さくても確実に手に入れたいが
損失がある場合は一発逆転のギャンブルをする
ということです。

利益に対しては利益を逃すリスクを回避して確実性を求めるのに、
損失に対してはリスクをとって可能性に掛けてでも損失を最大限に回避する、という傾向があるのです。

これが「プロスペクト理論」と言われるものです。
1979年に行動経済学者のダニエル・カーネマンと、心理学者のエイモス・トヴェルスキーによって提唱されました。
カーネマンは2002年にノーベル経済学賞を受賞しています。

プロスペクト理論をグラフ化してみる

さて、利益は小さくても確実に手に入れたいが
損失がある場合は一発逆転のギャンブルをする
という行動をとってしまう原因をもっと掘り下げて考えてみましょう。

カーネマンは利益や損失に対する感情を実験によってグラフ化しています。

”出典:ダニエル・カーネマン(著)「ファスト&スロー」”

横軸の「金額」は利益や損失になった金額、
縦軸の「心理的価値」というのは、その時のうれしいと感じたりつらいと感じたりする度合いです。

プラス100の心理的価値は約1.5です。
マイナス100の心理的価値はマイナス3です。

同じ金額でも、マイナスの心理的価値の方がプラスの心理的価値にくらべて2倍の大きさです。
1万円得られた時のうれしさを1とすると、1万円失った時のつらさは倍の2ということです。

つまり、プロスペクト理論の本質は
人間は利益を得る喜びより、失うときに感じる苦痛の方が大きい
ということです。

感応度逓減性(かんのうどていげんせい)とは?

それからもうひとつ、このグラフから読み取れることがあります。
金額が大きくなるにつれ、心理的価値の伸びは小さくなっています。

100のときに1.5だった心理的価値は、200のときには2.5にしか上がってません。
さらに心理的価値が上昇するペースは落ちて、だいたい300くらいで3までしか上がっていません。

マイナス側はもっと顕著で、マイナス100のときマイナス3だった心理的価値が、マイナス200のときはマイナス4.2程度です。
マイナス300あたりでもマイナス5に届かない程度です。

損得の金額が倍になっても心理的価値は比例しない、ということです。

これを「感応度逓減性(かんのうどていげんせい)」といいます。

たとえば、A店では10,000円で売っていた商品がB店は7,000円で売っていました。
「3,000円も違うなら!」と多くの人がB店を選ぶと思います。

では、A店で198,000円で売っていた商品がB店では195,000円で売っていました。
このときは「3,000円の違いでわざわざ…」とB店を選ぶ人は少なくなります。

扱う金額が大きくなればなるほど、損得に関する感情は麻痺して鈍くなります。

つまり
人は金額の大きさではなく変化した割合を重視している
ということです。

プロスペクト理論とトレード

トレードにおいて、稼ぐための基本中の基本として
「損小利大」という言葉があります。
損失は小さく利益は大きく、ということです。

しかし、感覚的なトレードをした場合は
利益は小さくても確実に手に入れたいが損失がある場合は一発逆転のギャンブルをする、というプロスペクト理論によって
「利小損大」つまり、利益は小さく損失は大きくという行動に無意識のうちになってしまいます。

これが多くの人がFXで損をする原因のひとつです。

また、損失に対しては始めは大きな苦痛を感じますが、感応度逓減性により、金額が大きくなればなるほどその苦痛の割合は増えなくなります。

損失が膨らむほど感覚が麻痺した状態になり、損失にたいして「どうでもいい」という気持ちになります。
そうなるとマイナスポジションの放置という「塩漬け」の状態になります。

さらに、マイナスを抱えた状態だと一発逆転で取り返そうと思い、大きなリスクを負うような行動をとってしまいます。

確率的思考を身につける

A:100%の確率で3万円手に入る
B:80%の確率で4万円手に入る

という選択の場合、どちらを選びますか?
Bは20%の確率で1円ももらえません。
それなら確実に3万円をもらった方が得でしょうか?

もしチャンスが1回だけならAでも間違いとは言えないでしょう。
しかし、チャンスが10回あるなら、明らかにBの方が得です。

Aを10回行えば、10回必ず3万円手に入るので合計30万円が手に入ります。
Bを10回行えば、8回4万円が手に入るので合計32万円が手に入ります。

Bの方が得ですね!

トレードは一度限りの選択ではありません。
何度も繰り返し行い、そのトータルでの利益を考えるものです。

ですので、確率的に優位な方に行動しなくてはいけません。

損する投資家の典型的パターン

武井壮さんがバイナリーオプションに挑戦という動画です。
武井壮さんは肉体派のタレントとして活動されていますが、ツイッターなどを見れば分かりますが、知的で非常にインテリジェンスの高い人です。

テレビ的に面白おかしくやっている部分も大いにありますが、確率1/2のバイナリーオプションで5万円を1時間で物の見事に溶かしてしまう…という動画です。

まとめ

・投資行動において、人間は本能的に損をするような行動をとってしまう

・利益に対しては利益を逃すリスクを回避して確実性を求めるのに、損失に対してはリスクをとって可能性に掛けてでも損失を最大限に回避しようとする

・結果的に、利益は小さく損失は大きくという行動に無意識のうちになってしまう

・同じ金額なら、利益になる喜びより損失になったときの苦痛の方が2倍強い

・損得の金額が倍になっても心理的価値は比例しない

・人は金額の大きさではなく変化した割合を重視している

・トレードは一度限りの選択ではなく、確率的に優位な方に行動しなくてはならない

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう