01_02

宝くじは愚か者(貧乏人)に課せられた税金である

毎年発売される「宝くじ」

年末に発売される「年末ジャンボ宝くじ」は1等の当選金額も大きく注目度は高いですね。

1等7億円!前後賞を合わせると10億円の賞金です。

宝くじは「夢を買うため」と言って購入する人も多いと思います。
可能性は低くても、買わなければ当たる確率はゼロですからね。

その一方で
「宝くじは愚か者(貧乏人)に課せられた税金である」
という格言があります。

宝くじを楽しみにして買う人にとっては腹立たしい言葉かもしれませんね。

しかし、現実的に所得の低い人ほどたくさんの宝くじを買う傾向があります。

どうして
「宝くじは愚か者(貧乏人)に課せられた税金である」
なんて格言があるのでしょうか?

当選確率が低いから?

そうではありません。

宝くじは
たくさん買えば買うほど確実に損をする可能性が高くなるもの
だからです。

 

宝くじの不都合な真実

money

たくさん買った方が当選する可能性が高くなる!
だからたくさん買った方が良い!

と考えて、何万円何十万円分と宝くじを買う人も少なくありません。

年末ジャンボ宝くじの1等の当選確率は2000万分の1です。

ですので
10枚買えば200万分の1
100枚買えば20万分の1
1000枚買えば2万分の1
1万枚買えば2000分の1
10万枚買えば200分の1
となります。

確かに…たくさん買えば断然当たりそうな気になりますね!

でも、当選確率が上がれば、損をする確率も上がります。
このことをなかなか理解できない、認めることが出来ない人は多いです。

では、さらに買い増していって、どんどん当選の確率を上げてみましょう!

100万枚買えば20分の1
1000万枚買えば2分の1

そして
2000万枚買えば1分の1

つまり確率的には当たりが入っている計算になります。

1等7億円を確実に当てるために2000万枚購入するためには…
2000万枚×300円で60億円が必要になります。

もちろん、可能性の話なので、1等がゼロかもしれませんし、何本も当たるかもしれません。
1等以外もたくさん当たるでしょう。

でも、購入金額の60億円を上回る当選金額が得られそうにない…
ということは、想像に難くないと思います。

たくさん買えば当選確率は上がります。それは事実です。
しかし、それと同時に、損をする確率も確実に上がります。

次のように考えてみるともっと分かりやすいと思います。
発売されている宝くじをすべて買い占めて当選金額を独り占めしたとしましょう。

1等7億円25本!
前後賞1億5千万円50本!
1等組違いや2等から7等まで、当たりはすべて独占です!!!

これで大金持ち確定だ!
ということになるでしょうか?

検証してみましょう!

年末ジャンボ宝くじの発売枚数は5億枚で1500億円分が発売されています。(2017年の場合)

たとえば、総資産10兆円近いビルゲイツなら、楽々買い占めることのできる金額ですね(笑)

仮に、大富豪のビルさんが、1500億円の宝くじすべてを買い占めて、すべて当選金額を独占したとしましょう。

当選金額と本数は以下の通りです。

等級 当せん金額 本数
1等 700,000,000円 25本
1等の前後賞 150,000,000円 50本
1等の組違い賞 300,000円 4,975本
2等 10,000,000円 500本
3等 1,000,000円 5,000本
4等 100,000円 35,000本
5等 10,000円 500,000本
6等 3,000円 5,000,000本
7等 300円 50,000,000本

この当選金額をすべて合計すると、750億円になります。

1500億円分購入して750億円の当選金額を受け取る。
つまり、半分の750億円の損をしています。
すべて買い占めて、当選金額をすべて独占しているので、100%必ずこの結果になります。

宝くじの本質というのは、支払ったお金の半分だけが返ってくるものです。

これは、1枚だけ買った時でも、100枚買った場合でも同じですが
たくさん買えば買うほど、確率的に100%損をする方に近づいていきます。

最も効率的な宝くじの買い方

たくさん買って当選確率を上げれば上げるほど確実に損をする確率も上がる、
ということはご理解いただけたかと思います。

では、最も効率的な宝くじの買い方は、
1枚だけ買う
ということです。

確率的に損をする可能性が一番低い、
1枚だけ買う。

これが最も効率的な宝くじの買い方です。

ちなみに、宝くじ自体を全否定しているわけではありません。

当選発表の日まで「もし当たったらどうしようかな~」
と考えて楽しむことが出来るのが宝くじです。

300円で何日も楽しむことが出来るので、娯楽としては安上がりですよね。

1枚だけだと前後賞を期待できないの楽しみが半減する
と思う方は、連番で3枚だけ購入することをお勧めします。

それ以上の枚数を買って「当てる確率を高くしてやろう」と、本気で当たりを狙いにいくことは、確実に損をする方向ですので気を付けてください。

この記事が役に立ったら
いいね ! しよう